IGYO10さん

音ゲーや生活やその他のことを書いてます。

MENU

◆MOTHER2 ゆる最終回-オネット〜過去の最低国-◆

前回↓
http://d.hatena.ne.jp/whispergir1/20130728/1375018865

あらすじ
クラーケンなんでおるん?


ということで最終回。さいしょの攻略記事を書いたのが5/27なので約二ヶ月か…(ここ一ヶ月は投げてたけど…)。
残すは隕石のかけら回収とラスボスのみ。気を抜かず参りましょう。


サターンバレーに向かい隕石のかけらを求められる。無茶言わんといて…と言いたいところをこらえてオネットへ。
プレイした方はおわかりかと思うが、ここは適性レベルで突入しても割と全滅がありうるゾーンなので、戦闘自体を極力避けていくことにする。

ということでまきょうと同じくテレポートαで丘を登って行こう。狭いし敵のシンボルも多いからしんどいけどね。
万一エンカウントしても状態異常で逃走することができるのがありがたい。
数回のリセットを経てぶっしつXYZをゲット。サターンバレーに戻り眠る。


さて、ここからは戻ることのできないダンジョンに突入してしまうのでしっかりと準備を行おう。

過去の最低国は最初の回復ポイントの先にマジックバタフライが二箇所。ひとまずはそこを目指して進んで態勢を立て直し、急がず進むことにしよう。
またこの時点で不要なアイテムはすべて売却しておく。じゃまなうえ、いのちのつのぶえやさとりのべんとうを購入していると結構お金がなくなるのだ。

またここでようやくマッハピザを利用することとなる…というのもピザのLサイズがコストの割に回復量が多いからだ。プー以外の三人はこれで回復できるので、ライフアップΩのない本攻略では役に立ってくれると思う。
またネスはでんせつのバットを拾えるので、マジカントバットは外してトレーシーに預けよう。

というわけでもちものは全員、必要な装備とさとりのべんとう、いのちのつのぶえ、ピザ(Lサイズ)、そして余っているインスタントガッツを持ってきてみた。それとジェフは一応へびぶくろを持ってきてみた、ここまできたらへび投げたいよね。マジック○○系が残っていればそれを持たせるのもよい。とくにネスはステータスが他の仲間の3〜4倍にもかかわらずヒーリングγを覚えていないため、いのちのつのぶえは多めに持たせよう。

道中はとかくアイテム消費をおさえて進もう。最低国の敵シンボルはキューブ型のため、先制は他のモンスターに比べたら取りやすい。バトルに入る前は率先して狙って行きたいところだ。バトルに突入してしまったらアイテム消費をおさえるため、ST異常を当ててがんばって逃げよう。ちなみに敵が一体なら逃げる連打の方が効率がいい気がした。このゲームは敵の数で逃走成功率が決まるようなので…。
スターマン系列に出会うとほぼ確実にHPを持っていかれるので、あまりケチりすぎないようにしたい…あんばいがむずかしいね、とりあえず逃げたあとにPPの多いネスのライフアップで回復させました。


ギーグ戦の準備としては
ポーラにやみのペンダント、フランクリンバッジを持たせる。
ネスにはうみのペンダントを装備させておこう。
プーはおうじゃ装備でいってみた。
ジェフはぶっちゃけなんでもいいけど()、回復に回ることが予想されるので早く動けるようにうさぎのおまもりにしてみた。ギーグ戦でほのおの攻撃はないからね。
また両者ともブレインショックが効くので、積極的に使っていこう。


まずは第一形態。ここは1ターン目でほぼこの先が決まってしまうと言って過言ではない。
毎ターン打たれるPK GAIAα・βは今回の低レベルパーティーにとってあまりにも痛い。とくにネス以外の3人はβで死んでしまうのだ。
そこで、ポーラのサイコシールドΣをギーグのPK GAIAβが来る前にかけなければならない。最終形態にかぎらず、本プレイではこの時点でポーラが息絶えているとバタバタと後の仲間も死んでいくのだ。

ポーキーの攻撃はたしかに強力だが単体攻撃なので、食らった仲間を回復させてあげればよい。できればPSⅠの使えないジェフがライフアップ、他三人はPPの残り具合でライフアップとさとりのべんとうを適宜使い分けていこう。とくにシールドを何度もかけなおす必要があるポーラのPPには気を配ること。
ひとまずシールドでPK GAIAの脅威を取り払ったら、次はインスタントガッツをネスとプーに使い、ひたすら攻撃しよう。クリティカル率を上げてさっさと第二形態にしてしまう魂胆だ。シールドをかけないターンポーラはPK フリーズγで攻撃、ジェフは第一形態の間は回復に専念しよう。
むろん傷ついた仲間がいたら他の三人も回復を優先する。


…といったところで第二形態になったら全員総力戦で行こう。ここで脅威となるのはしょうたいのつかめないこうげきのPK フラッシュだ。ネスとポーラは装備があるものの、後二人は防ぐ手立てがないのだ…とまぁそこはいのちのつのぶえやヒーリングβでどうにかなる範疇であることを祈り、戦っていこう。残りのサンダーとフリーズは単体攻撃のため、そこまでの脅威にはならない。とくにポーラはフランクリンバッヂを持っているので一石二鳥だ。それとフリーズはあんまり使ってこない…気がした(今回の攻略でジェフのすばやさを重視したのはそのためである)。
ここでは全体攻撃がフラッシュのみ、サンダーでシールドを無視してくるためサイコシールドはかけずネスは打撃、ポーラとプーはPK フリーズγ、ジェフはとりあえずへびぶくろを投げる………どくになった!ラスボスに毒が効くってことはレベルマックスで挑んで第二形態をじわじわいたぶる作戦ができるってことだな。やらないけど…。
というわけで、第一形態ほど苦労しないとは思う。たぶん…


そんなこんなで最終形態。いのるを使うポーラのHPを気にしながら、後の三人はサポートに回ろう。
9回(だったかな?)祈ればこちらの勝利となるので、前二回にくらべるとさほど致命的な攻撃もないはずだ。唯一気をつけることがあるならアイテム切れくらいか…しかし四人の荷物が最低限の装備と回復アイテムであれば、よっぽど死なない限りは大丈夫なはず。

ちなみにわたしは一回目の挑戦でサイコシールドをかけなかったので、第二形態でネスのアイテムが尽き、死んだ(^o^)。サイコシールド大事だね!ブンブーンもかけまくってたしね。今思えば伏線だったのかもしれない…。


そういうわけで無事ギーグを討伐して帰還!おつかれさまでした!!

さて、最終的に四人は↓



こうなりました。ジェフだけ切れたけどわかるからいいよね(
平均レベルは44。序盤〜中盤の装備品の貧弱さを考えたらこんなものだろうか…。平均を下げるには誰か殺してWIN!っていうのもあるんだろうけど…それは途中で掲げた「PT全員生存して勝利」の条件を満たさないので…こんなかんじになりました。

この縛りをして気づいたのは何よりデパートのかいじんにはぶらしが効くこと、すなわちペンロケのような何か間違えた威力を持つ兵器に頼らなくてもなんとか勝利できることだ。ここは素直にうれしい。
また極力低レベルで攻略していくことで、このゲーム自体の難易度をグンと上げることができるのがとても楽しかった。レベルを上げていけば耐性を気にしなくても敵を倒せるくらいにこちらの能力や特殊能力、あと行先で兵器がインフレするゲームだからな…。

あとはほんとうにいまさらなんだけど

ポーラを拉致したままエンディングに入れることですかね……。

以上でMOTHER2ゆる縛り 極力低レベル+ジェフ専用兵器とドラゴンパウダー禁止+装備品の買い物禁止+カプセルドーピング禁止プレイを終了します。
おつかれさまでした〜。またなにかやりたいですねヾ(๑^∇^๑)ノ