IGYO10さん

音ゲーや生活やその他のことを書いてます。

MENU

◆リンダキューブアゲイン レビュー◆

こちらをゲームアーカイブスで購入しました。
鬱ゲー一覧に載ってたのではじめたのですが…実はシナリオ、このゲームの前座です。
あくまでこのゲームの主軸は「つがいの動物を時間内にできるだけ多くつかまえること」なのです。
つかまえる、とはいってもバトルで弱らせる、ワナをしかける、動物商から買う、オークションで競り落とす、ハンターに代行してもらう、機械から解凍する等々さまざまな方法があります。

時間内に、というところでお気づきかもしれませんがこの時間はセミリアルタイムというシステムを搭載しています。
フィールドを歩くと時間が経ちます、ダンジョンでも時間が経ちます。時間が経つと季節が変わり、季節が変わると現れる動物もおります。
そして何より…1999年夏になると惑星を破壊するレヴェルの隕石が落下してかならずゲームは終わります。主人公たちはそれに対してなすすべがありません。ついでにいうと隕石も自然現象です。誰がしかけたわけでもありません。
このあたりのRPGの常識を無視した設定が、わたしはとっても気に入りました。シナリオCをがっつり遊べたのもそのおかげかもしれません。
またこの時間制限があるために、動物をつかまえる方法が多様であるのかもしれません…。


このゲームはシナリオA、B、C、そして隠しシナリオのDがあります。
マップは同じなのですが、つながりはなくパラレルです。セルフパロディが豊富に含まれているので、ニヤリとしたりヒヤリとしたりできます…ので鬱イベントが嫌でもAとBから遊んだほうがCを楽しめる…はず。


シナリオAとBはしっかりストーリーがあって、RPGの体をなしています。
ただ内容は暗めで、人間の不器用さ狂気嫉妬うらみつらみが盛りだくさんなので万人におすすめできるかというと微妙なところ。
ここでまず「動物をつかまえる」ことに関する基礎的な知識を学びます。一応ノルマはありますが、よほどみちくさを食わなければ終わるのでだいじょうぶ。
またラスボスを倒しても動物集めはできるので超マイペースに遊べます。ストーリー自体は長くないのでかなり余裕をもった設計が親切。
ちなみにストーリーを終わらせるには動物を登録する場所である「箱舟」にノルマで課された数の動物を登録したうえで発進させるだけなので、おてがる。



そして本題のシナリオC、こちらはこのゲームのメインである動物集めを存分に楽しむことが出来ます。
このゲームは東エリア、西エリア、南エリア、地下エデンという4つのマップがあるのですが、シナリオCでようやくすべてを回ることができます(Aは東と西、Bは東と南のみ)。
ある程度AとBでマップを把握したところで始める動物集めは爽快です。中にはちょっと知識がないと捕まえられないものや、絶滅してしまうものもおりますが…ひとまずわたしは初見で111/120集められたので相当ヤバイやつ以外はAとBをそれなりにやっていれば問題なく集められるかと。

実はシナリオ目当てで買ったのですが、結局いちばん時間的に遊んだのはCでした…。
ちなみにCシナリオの物語はクエスト制になっていて、遊ばなくても遊んでもかまいません。ただ遊んだ方がパロディも見られるし豊富なサブアイテムも手に入るのでよりゲームの幅が広がって楽しいかな。こちらのクエストも時間制限があるので注意。


システムはけっこうなじみやすいです。メジャーなゲームだとポケモンに近いかな…とはいえ動物をオーバーキルしすぎると粉砕されて捕獲できないので注意…このあたりの設定は妙にリアルで、砕けたときの音がプシャーーーって鳴る。

とまぁあんまりレビューしてもしかたないかな…。実際にやってみてほしいゲームです(めんどくさくなった)。

それと、なぜかワンクッションおいたシモネタが多いです。小学生のときにこれやったらわかんねえだろ…。まぁ、でもなかなか楽しめます。


あっ、シナリオDは一年間(ほんらいは1991年春からゲームがスタートする)でできるだけ多くの動物を捕まえるタイムアタックモードです。主人公とヒロインは高めのレベル、すべての特殊能力、大量の資金を持ってのスタートなので今まででやってきたことをふんだんに生かして動物集めができます。
やりこむならこのシナリオかな〜なんておもいます。とりあえず次のゲームいくけど…。


いちばんいいところ
サブヒロインの声優が佐久間レイなので同じ台詞を何度聞いてもしあわせだし黒髪ぱっつんロングで天然で世間知らずでかわいい。

いちばんだめなところ
バトルのテンポが少しわるいところ

だといいたいのですがそれよりも

ヒロインがじゃじゃ馬おんなで全然タイプじゃなかったのでメイン以外のイベントがうざい
ことのほうがわたしには重たかったです…。


総合評価
★★★★☆


これは、やってみてほしい!鬱ゲーwikiにありますけど本質の動物集めがほんとうに楽しかったしそこまでの引き込みがじょうずです。
ちなみにこのシナリオは天外魔境でおなじみの桝田省治さんが手がけているので、彼の「王道から外れた感じ」を楽しみたい方にはとってもおすすめできます。以上です。
とはいえ天外魔境これからやるんだけどね…楽しみです!以上!